住宅購入の際に必要な費用は?

住宅を購入する際は色々な費用・頭金が必要です。
頭金無しでも住宅が購入できる!と言った様な広告もありますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が多くなります。
月々の支払いを少なくしたいのであれば、やはり、最初に頭金を少し支払いましょう。
頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅を購入する際は他にも費用がかかりますので20%は目安として、支払える範囲で検討すると良いでしょう。
自分の家を持つと言う事は憧れだと思います。
ですが、住宅購入をする際には必ず住宅ローン審査が必要です。
現金ですべて支払いが出来れば問題はありませんがそういった事は一般の方には難しいのが現実です。
ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。
リフォームでも使える住宅ローンに関わる審査は、色々あるローンの審査の中でも特別に厳しいと言われています。
35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。
審査に合格しない理由としてあげられるのが収入面の問題です。
ローン審査に合格するには、最低ラインで300万以上の年収が必要だと言われています。
ただ、それだけでなく、勤続年数や会社の規模なども重要な審査材料になります。
住宅ローンを組むためにはまず、どの金融機関に融資をお願いするか決めないといけません。
銀行・ネットバンク・労金・信用金庫などリフォームでも使える住宅ローンを取り扱っている金融機関は数多くあります。
各金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特別大きな違いはありませんが、店舗がないネットバンクですと、取引はネットを通して行います。
わざわざ店舗に行かなくて良いのでとても人気があります。
また店舗がない分、経費削減ができ金利が低いのも特徴です。
ネットバンクは月の支払いを少なくしたい方や忙しい人達にとても人気があるリフォームでも使える住宅ローンです。
フラット35というローンは、今とても注目を集めている住宅ローンです。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事で、フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。
という事です。
住宅ローンを組む上でとてもメリットが大きいですよね。
審査が少し変わっています。
ですが、フラット35の審査は少し違う点もあり住宅の価値を重視して審査を行います。
住宅の価値を審査される。
という点が加わります。
ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。
という方も多いです。